東京都西東京市のひなぎく幼稚園のホームページです。

おもちつき大会

12月の行事 クリスマス

ページェントでは、クリスマスの出来事の登場人物を一人一人が演じます。大切な聖書の言葉を覚えて、聖誕劇の中で伝えることができました。家族や友だち、先生と一緒に守る礼拝はクリスマスを迎えたうれしい気持ちであふれていましたね。

「さあ、みんなでイエスさまのところへ行こう!」

「さあ、みんなでイエスさまのところへ行こう!」という言葉と共に、羊飼いたちはベツレヘムの馬小屋へ出発します。杖をしっかり持ち一歩一歩進むその姿は年長組らしく立派でした。みんなの賛美の歌声と歩くリズムがぴったり重なり、心を一つにしてクリスマスをお祝いできました。

毎日の礼拝で讃美してきた歌声が、ホールにのびやかに響きます。

聖誕劇の中にはたくさんの歌があり、全員で讃美するものや、それぞれの役だけで讃美するものもあります。どの場面でも子どもたちは、クリスマスの出来事を歌を通して力強く伝えることができました。

イエス様のお誕生を世界中に知らせる天使たち。

イエス様のお誕生を世界中に知らせる天使たち。聖書からの言葉ですから、少し難しい言い回しもあります。それでも子どもたちは、しっかり理解して立派に伝えることができました。年長組にとって、クリスマスの礼拝で聖誕劇を捧げるということは、自分自身の持てる力を捧げていくということなのかもしれません。

年少組らしいクリスマスです。

年少組のクリスマス礼拝は、一生懸命覚えた讃美歌をうたい、表現遊びをします。お母さんたちと一緒に、初めてのクリスマス礼拝を守ります。ドキドキもするけれど、うれしい気持ちがいっぱいの、年少組らしいクリスマスです。

初めて経験する幼稚園でのクリスマス。

初めて経験する幼稚園でのクリスマス。幼いながらも、クリスマスの出来事に触れ、イエス様に贈り物をしたい!と、先生と一緒にお話を作ってお家の方に見ていただきました。そして毛糸をまいたり、木の実を飾ったりしてクリスマスリースを作って、お母さんにプレゼント。誰かのために心を込めて何かをする、貴重な経験もすることができました。