東京都西東京市のひなぎく幼稚園のホームページです。

園からのお知らせ

2019年 4月の保育

年長組の活動範囲が広がり、ホールで大型積み木を使って遊ぶこともできるようになりました。年中組の時から憧れていた〈大型積み木〉。これまでのソフト積み木とは重さも扱い方も違います。この写真は初めての作品で、ホッとして世間話に花が咲く年長児の様子です。

もうすぐ遠足に行くので、そこで思いっきりダンスを踊ろう!と、年中組は園庭に集まって、新しいダンスやこれまで楽しんできたものをくり返し踊って大満足!あれも踊りたい!これも踊りたい!と次から次へとリクエストが出て、教師たちの方がへとへとになるほどです。遠足の日、晴れるといいね!

幼稚園の生活が始まって二日目。年少組の子どもたちが園庭のお家の中で何やら黙々と遊んでいます。どうやらレストランごっこのようですが、一緒にいても、お店の中身はまちまちです。それでも同じ空間で友だちのことを意識しながら遊び始めることは、この時期大切なことですね。





フラフープが所狭しと置かれ、その中でフープで遊ぶ年長さん。これもまた憧れていた活動の一つです。昨年の年長さんにフラフープ名人が数人いてその技を魅了されていたのでしょう、新年長組も4月からフラフープの修行が始まっています。1年かけて憧れのフラフープ名人目指して頑張ってね!

年長組の体操の時間、初回はマット運動です。前転に取り組むため、まずは基本の体の動きから習います。腕で体を支えることや、柔らかな動きをするための体の使い方を、遊びの中から学びます。これから後転や跳び箱、鉄棒、ボール運動などたくさんの〈体操〉をして、運動会には〈組立体操〉にも挑戦するつもりです!

園庭にダンスの音楽が流れると、どこからともなく子どもたちが集まってきます。年少さんも例外ではないのですが・・・。自分たちが知らないダンスも、年長さんや年中さんの踊りを見て、見様見真似で楽しんでいます。まだ涙の人がいる時期なのに、こんな風に初めてのことに取り組めるなんてなんだか頼もしいですね。