東京都西東京市のひなぎく幼稚園のホームページです。

年長組の保育から

5月の行事 年長組の保育から

年長組は自由学園に歩いて遠足に行きました。道の右側を2列で歩く。こんな当たり前のことが、なんと難しいことか!最近は『歩く』という経験が幼児の生活の中で少なくなってきているようです。子どもたちはそれでも、無事に目的地に着くことができました。これからもたくさん歩こうね。

自由学園のお庭

ひなぎく幼稚園にとってはなじみ深い自由学園のお庭。毎年どこかの学年が園外保育や遠足で訪れています。新緑の森、キラキラした光の中で、礼拝を守り、讃美歌をうたい、ダンスや散策をして楽しくすごしました。

鯉のぼり職人たちが登場しました。

歴代の年長が制作してきた鯉のぼりの話をきいた年長組。自分たちも作りたい!と鯉のぼり職人たちが登場しました。鯉の形の布に、布用絵の具を手に塗りたくり、模様をつけていきます。

出来上がった鯉のぼりが元気に泳いでいます。

出来上がった鯉のぼりが元気に泳いでいます。よく見ると、手形がきちんと同じ方向を向いています。目玉の位置や、ウロコとなる手形の向きにも注意を払って製作したことに気が付きます。さすが、年長組さんですね。

年中組の保育参観の一コマです。

年中組の保育参観の一コマです。4月から楽しんできたわらべうたの数々。シフォン(ふんわりとした布)を片手に、歌い終わるまでに相方を探します。簡単に見えて、実は難しい課題です。お母さんたちの目を感じながら、きれいに歌い二人組になる遊びを楽しみました。

お店屋さんごっこを、お母さんにも披露しました。

参観日には、子どもたちが楽しんできたお店屋さんごっこを、お母さんにも披露しました。魚釣りコーナーで釣り上げた手づくりの魚を、バーべキュー屋さんに持ち込むと、なんと焼いてくれるのです。まだまだぎこちない店員さんたちですが、お母さんたちが上手に助けてくださって、子どもたちもうれしそうでした。