東京都西東京市のひなぎく幼稚園のホームページです。

運動会

創立62周年を迎えました。

 11月に創立62周年を迎えたひなぎく幼稚園。たくさんの恵みを頂き、子どもたちの笑顔があふれる幼稚園に導いてくださった神様に感謝の祈りをお捧げしました。年少組もホールで創立記念礼拝を行い、先生の奏でるピアノとフルートの音に耳を傾け、特別な日を喜ぶ時間になりました。

ひなぎく祭

 創立をお祝いするために、年長組の子どもたちによる楽しい活動が繰り広げられます。今年は、忍者屋敷やアスレチック、化石探しゲームなど大好きな遊びに工夫を凝らしたお店屋さんが開店しました。

忍者屋敷

 手裏剣づくりが大好きな子どもたちは、手裏剣投げゲームや手裏剣をモチーフにしたスイーツを作り、毎日楽しみました。とうとう保育室を忍者屋敷につくりかえ、子どもたちも全身黒い服と風呂敷を巻き、お客さんにおもてなしをしていました。

 アスレチック

 こちらはくみきでアスレチックを作り、ボール投げゲームが出来たり、ベンチで作った滑り台で遊ぶことが出来ます。危険のないように年長組が手を差し伸べる心遣いを行っていました。楽しくて、何度も何度もアスレチックのサーキットをぐるぐる回り、滑り台を楽しむお客さんの姿がありました。

化石さがし

 紙粘土で作った、白い恐竜の骨を化石場の中から探し出すゲームです。本物そっくりの化石を見つけてバケツに入れ、受付に持っていくと、年長の恐竜博士たちが「これは、アンモナイトです。」「これはしっぽの骨ですね。」と何の化石かを説明してくれます。恐竜図鑑も見せながら説明してくれるので、お客さんも興味津々で解説を聞いていました。

異年齢の交流を経て・・・

 やさしい年長さんと一緒に遊ぶことができて、年中組も年少組も大満足の毎日を送りました。その楽しかった経験を今度は自分たちもしてみたい!と年中組では「ハンバーガーやさん」「忍者めいろ」「クッキーやさん」が出来上がりました。まだ年長さんほど上手には接客できないけれど、してもらった嬉しいおもてなしをやってみようとする姿が見られました。